3:FXの手数料は会社ごとに違う

FX会社は、利用者から手数料を取ることで利益を生み出しています。

FX会社は『利用者がポジションをとったとき』『利用者がポジションを決済したとき』『利用者がFX 口座に入金するとき』『利用者がFX 口座から出金するとき』『利用者がFX 口座を維持していくとき』などに、手数料を取っています。

また「スプレッド」も手数料の一つです。

手数料の金額はFX 会社によって異なります。無料のところもあります。

しかし、手数料が有料だから、あるいは高額だからといって、悪質ということはありません。

手数料をとることで、FX 取引を円滑に行い、サポート体制を整えている会社もあります。

逆に、手数料が無料の場合、スプレッドを大きくしているFX会社もあります。

投資家がデイトレードやスキャルピングをしたい場合には「ポジションを取るたびに手数料を払う」という仕組みの会社を選ぶと、得られる利益に対してコストがかかりますぎます。

こういう場合には、手数料の安い、あるいは無料の会社がよいでしょう。

多額の投資金でFX取引を行う場合、あるいは中・長期的に通貨を保有する取引を行う場合には、手数料を支払ってでも、安全・安定度の高い、FX会社を選ぶことにしましょう。

 

 

おすすめの記事