22思春期とにきび

思春期にできるにきびというのはだれもができるホルモンの活発な変化によるものでどちらかと言えば一過性のものと考えてもいいと思います。

しかし思春期を過ぎて20代になってから出来るにきびというのは思春期のにきびとは大きく違っています。

思春期のにきびと大人ニキビの違いというのは、まずできる場所からして違っているのです。

特に口の周りに集中して出来てしまったり、背中に集中して出来てしまうといった一部分にだけ集中してにきびができるという特徴があります。

そしてその原因は思春期のにきびの時のように、皮脂が過剰に分泌しているというだけではありません。

思春期の場合は一過性の場合が多いのでピークを過ぎればすぐに治るという人もいると思いますが、大人ニキビの場合には、長時間できるという人もいますし、体質的にこの先ずっと悩まされる人います。

にきびは思春期の頃なら自然に放っておいても治っていくことが多かったと思いますが、大人ニキビになると、自然治癒することはなかなか難しく、跡が残ってしまうというケースもあります。

ですが、にきびができたからすぐに対処しなければいけないと思って、たくさん薬を使ったり、何度も洗顔をしたりするとよけいににきびを悪化させることになりますし、さらににきびを増やすことにもつながります。

思春期のにきびとは違って、大人ニキビには大人にきびの対処法がありますからその対処法を覚えておくといいでしょう。

おすすめの記事