24にきびをつぶす

にきびができると、つぶした方が早く治ると思っている人も中にはいると思います。

確かにいつまでも芯が残っているようなにきびの場合にはなかなか炎症が治まらずに早めに芯や膿を出してしまわなければいけないということはあると思います。

しかしにきびを自分でつぶすという場合にはかなり細心の注意を図らなければいけません。

爪でにきびを潰してしまうと、皮膚を傷つけることになります。

にきびをつぶして、毛穴の中にあるにきびの芯、コメドを出すと早くにきびが治ると思われがちですが、コメドというのは毛穴の中に詰まっているただの皮脂の塊です。

この皮脂の塊がアクネ菌のご飯になってアクネ菌がどんどん増えていくことになるわけです。

確かに早くこのご飯をとりだしておけば、にきびがこれ以上増えることはないでしょう。

しかしにきびを潰すということは実は肌への負担は大きいということを知っていたでしょうか?

安易な気持ちでにきびをつぶせば毛穴が傷つきますし、毛穴が破壊されてしまうと、皮膚に跡が残るということもあるのです。

毛穴が傷ついてその部分からまたバイ菌が入ってしまうとさらににきびが悪化するということもあり得ますから本当に注意しなければいけません。

 

爪で潰すというのは肌への影響も悪いので、その際に使われるのが、面ぼう圧子というものを使って行います。

ドラッグストアなどでも販売されていますから、こちらを使って芯を出して、そのうえで消毒と出しああとのケアが必要です。

おすすめの記事